自分でしたいVライン脱毛

no

Vラインのムダ毛は、毎年夏になり、水着の季節が訪れると特に気になってきます(゚ー゚;Aアセアセ

また、オシャレに敏感な方などは、夏の水着の季節だけでなく、Vラインを強調するようなデザインのランジェリーも多いので、普段からVライン周辺のムダ毛の処理をしておく必要がありますよね☆

Vラインの脱毛は夏だけというのは、もう過去の話で、一年を通してスッキリとキレイにしておきたいです!

とはいうものの、Vラインの脱毛について悩んでいる女性も多いですよね??

というのは、自分で処理するにしても、どのくらいの量の毛を抜いたらいいか、どのような形に整えればキレイに見えるかなど、いろいろと難しいものなのです(゚ー゚)(。_。)ウンウン

さらに、デリケートな場所だけにムダ毛そのものの悩みと同時に、Vライン周辺の肌についての悩みや不安を持っている女性も多いですからね!

代表的な悩みといえば、Vラインの脱毛の自己処理による肌の炎症やかゆみですが、加えて黒ずみなども気になります。。。

どれをとっても、そのまま放っておくと悪化する一方ですので、しっかりしたケアが必要です( ̄▽ ̄;)!!ガーン

また、アンダーヘアの毛量は個人差が大きく、人によって自己処理ではなかなか対応しきれないケースもあるでしょう(゚ー゚;Aアセアセ

一般的なVラインのお手入れ方法としてはカミソリや毛抜きで自分で処理していく人が多いかと思います。

自分でお手入れするのは、恥ずかしさもなく、コストもほとんど気にしないでいいというのがメリットですが、一方、思うようにキレイに脱毛できなかったり、デリケートな部分だけにかなりの痛みを我慢しなければならないことも多いというデメリットもあります(¨ )(.. )(¨ )(.. )ウンウン!!

さらに、脱毛の自己処理で気を付けなければいけないのは、アンダーヘアが濃くなってしまったように見えることがあるということです。。

もちろん、カミソリや毛抜きで処理したからといって、実際にはムダ毛が濃くなるということはないのですが、カミソリなどの刃物で毛穴からカットしたことによりムダ毛の根元部分が表面から見えやすくなってしまいます。そのため、ムダ毛が太く、濃くなったように感じるのです(ノω・、) ウゥ

また、処理の回数を重ねることで陥没毛になりやすいとも言われていますので、注意が必要でしょう!!


キレイになるために処理をしているのに、それが返ってさらに気になる箇所をつくってしまっては意味がありません!

ですので、「ケノン」などの家庭用フラッシュ脱毛器を使用してお肌に負担の少ない脱毛を心がけたいものですね(*^ー^*)


2015年 楽天家電ランキング1位:ケノン(Kenon)

ケノンの口コミが見れます
売り上げランキング五冠達成!!
楽天市場1位 ヤフーショッピング1位
DeNAショッピング1位 auショッピングモール1位
ポンパレモール1位

家庭用脱毛器 大人気のケノン(Kenon)
高性能家庭用フラッシュ脱毛器ケノンは自宅でエステ並みの脱毛効果を目指しているマシンです☆
照射コストもリーズナブルで、一度に広範囲の脱毛が出来ます。

☆ケノンを使ったモニタリング結果の紹介☆
脱毛器ケノンの中身(付属品)を紹介!
ワキの脱毛【毎週更新中!】
お腹・へそ周りの脱毛【毎週更新中!】
口・あご周りの脱毛【毎週更新中!】
スネ(ヒザ下)・太もも(ヒザ上)・Vラインの脱毛【毎週更新中!】
二の腕、ヒジ下の脱毛【毎週更新中!】
背中とうなじの脱毛【毎週更新中!】
手足の指への脱毛【毎週更新中!】
付属の光美顔器を使ってみました!

★☆ケノンの5大メリット☆★

最大20万発!1ショット0.0185円の超低コストでエステよりお得

片脇わずか約10秒の超スピード脱毛!自宅で脱毛できる

照射範囲は『世界最大の3.7×2.5cm』

『光美顔器機能』付でお肌のケアも☆

 30通りの設定ができるのでお肌の弱い方にも安心☆



↓↓↓剛毛も産毛も脱毛したいならケノンがおススメ↓↓↓




↓↓↓剛毛も産毛も脱毛したいならケノンがおススメ↓↓↓